フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 世の中をシンプルに考えるコツ | トップページ | シンクロニシティについて »

重力と責任、期待、覚悟の関係。

もし、この世界が無重力だったらどうなるんでしょうか?
いきなり変な事を聞きました。そんな事、あるわけありませんよね。
それでも、ちょっと、考えてみてください。
 
無重力の状態はどれも、居場所がない状態です。どこに何があっても許される状態といえます。
しかし、私達の世界には重力があり、モノの位置、自分の位置が決まっています。
決められた場所から動かされればすかさず注意を受けることもあります。
 
あまりにも、当たり前な「重力」。機械がなかった頃は間違いなく、この重力を私達は上手に使っていました。
しかし、今は重いものを持つ機会が少なくなったので、ついつい、忘れがちです。しかし、相変わらず重力は常に、働いています。
 
 
 
身体に重力がどう働いているのか、それがわかると楽に動くことが出来るようになります。
立っているとき、背中や肩に重さを感じる人もいるかもしれません。それらは肩こり、腰痛として痛みや重さを感じさせてくれますね。
この痛みがある時、上半身はなにもしていなくても、辛いです。肩こりのない人にはわからないですが、当事者はただ過ごすだけでも精一杯です。
それなのに、上半身で仕事をしなくてはならない、となると、もう、最初のハードルが高すぎですね。
 
この時、上半身を手放し、下半身に任せる、という選択が出来るとわかれば気持ちは楽になります。
具体的には腰椎の五番を仙骨に密着させるようにすると、上半身の力、力みは取れていきます。それと同時に上半身を動かしにくくなります。この不自由さがおそらく、この気付きを遠ざけていたのだと考えます。
実は上半身を手放してみると、下半身の動きがそのまま上半身を通り力が発揮されるのです。
 
立っているだけ、歩いているだけで不自由なことが自由を与えてくれる経験を得ることができるのです。
 
 
 
そして、座った姿勢では上と下の関係は逆になる事が多いようです。
上半身の重さが椅子や床とで仙骨を潰します。座っているだけで腰が痛くなるのは土台となる下半身がすでに潰されてしまっているからです。
この時、無理に腰を伸ばそうとすればまた、辛くなります。すでに下半身は頑張っているんですから。
ここでも、手放す事が役に立ちます。
 
腰を伸ばすのではなく、仙骨を腰椎五番に密着させるのです。
すると、下半身は座る、という役目から出られるので腰が楽に感じます。
この姿勢は下半身の自由を手放した姿勢。その結果、自由になるのは上半身です。
武道の代表的な練習方法である呼吸法、合気上げが楽になります。なにか特別な技を得るのではなく、ただ、上半身が自由になっただけで技になります。
 
  
 
不自由を得て自由になるのは「断捨離」と似ています。
たくさんのものがあれば、それだけ有利に思えますが、同時に迷いも生み、タイミングを遅らせます。
たくさんの力を手に入れてもうまく行かないのはタイミングがわるいからかもしれません。
あらゆる物事には「良い面」と「悪い面」があるのです。
それをわかっているはずなのに、やはり、手に入れたものを捨てるのは勇気がいりますね。
だから、まず、身体に「捨てる事」、「手放す事」の意義を感じる事が役に立つのです。
 
 
 
どれだけ手放したとしても身体は残ります。そして、重力がある限り、そこに力は生まれます。
重力というプレッシャーと戦うために武器を作り、機械を発達させてきました。
実は重力は精神的には責任や期待、覚悟に形を変えます。大きな夢を持てば同時にプレッシャーも大きくなります。その時、便利な機械があればいいですがその保証はありません。
夢を持てば上からの圧力も変わる。それを知っておけばいいんです。
心が弱くなっている時、つい、反射的には逃げてしまいがちです。しかし、その時、仕組みをわかっていれば行動を選択する事ができます。
 
 
 
誰にも等しく与えられているのが重力です。
これも「エネルギー」として使えるかもしれない、そんな気持ちで探っています。
これを力とする事が出来たら、自然は自分の味方になります。
 
 
 
色々難しく言葉にしましたが、これがわかってできる事はシンプルです。
立つ事、座る事、歩く事が楽になります。どんな仕事をする時にも身体が楽であればいいですよね。
心を落ち着ける瞑想だけではなく、身体を落ち着ける姿勢も探してみてください。

« 世の中をシンプルに考えるコツ | トップページ | シンクロニシティについて »

心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

運命」カテゴリの記事

山口潤のツイッター