フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 【稽古録】2017/09/05 下駄と感謝 | トップページ | 【稽古録】2017/09/07 嘘 »

【稽古録】2017/09/06 買い物から気づく事

一生のうちに何度もない買い物をする。
頭ではどうなっても大丈夫、と考え、そう願っても、現実の世界に起こることは身体に影響がある。
病気やケガ、実際に生な肉体に負担がかかった時に、その人の持つ心構え、信念が試される。なにも学ばなくても平気な人もいるだろうが、多くの人は少し、心配の方が強く出てしまうのではないかと思う。
 
実は病気やケガはある意味、選ばれた人が得るものだと思っている。こんな言い方をすると実際にその真っただ中にいる人はショックを受けるかもしれないが、当事者でないと学べない事を身体を通して経験できる。
 
心の中にどんな不安があろうが、肉体は常に、感覚としてショックを見せてくれる。その肉体に現れたショックを手掛かりに姿勢を整えると心の中にあった不安も小さくなっているのだから面白い。
心身一如、心と身体は一つ、多くの人がその言葉を知っているが、実際に身体でつながりを経験し、自覚ができていないといざという時に役に立たない。
 
さて、こんな話も「買い物」から気付いた事。
病気やけがは望んでもなかなか自分の力では生まれないものだ。生まれないのだから、肉体にもショックは現れない。
今、平気で幸せなのはストレスになるものがなにもないからだからかもしれないのだ。
 
お金は人が発明したもの。どこかで「発明」と聞いたことがあるが、物々交換では不便だったのだろう。いつのまにかお金が世に出回った。
当たり前に使っているお金だが、ある意味、なにも「ない」ものに対してショックを生んでくれるものになっている。
なにかを「買う」。その瞬間、お金が減る。コーヒーぐらいなら気にはならないが、大きな買い物であれば、その「減った」事が心を縛り、想像の中にある未来に影響を与える。
 
この時、心が大きく動いたことで肉体にも変化が生まれている。
お腹を縮ませない、という事に気がついてから、それまでの動き、技がガラリと変わったが、それは相手の攻撃に対して怖さが減ったからだ。
ちゃんと相手の攻撃を見極めなくてはいけない、崩さなくてはいけない、と緊張しすぎていたのがわかる。
面白い事に、これは「大きな買い物」をした後もそうだった(笑)。
 
水道の故障のように切羽詰まった事に対してならまだ気持ちは落ち着く。選択の余地がないからだ、しかし、わずかでも余裕がある時、自分の選択が間違っていないだろうか、と不安が生まれてしまう。その時、姿勢が崩れるのだ。
 
今日、ハンコを突いた瞬間、姿勢が崩れた、いや、崩れそうになったところをお腹を伸ばし元に戻った。きっと、そこに同席していた人、誰一人にもそれは気付かれなかったと思う。
もし、目の前に悠々と大きな決断をして、行動する人がいればその瞬間、私の心は奪われるだろう。強さを目にして、戦う気持ちも失せると思う。
突いたり蹴ったりの強さではなく、戦う前の大前提を姿勢は作ってくれるようだ。
 
人間は感情を持つ生き物。感情をコントロールする事は人間であることをやめる事かもしれない。生まれてくる感情をコントロールする事はできないが、感情が肉体に現れた瞬間を見極め、それを細かくコントロールする事はできるかもしれない。
 
常に自分の姿勢に目を向けて、整えていく。
外に現れる出来事は多種多様だが、自分の姿勢ならばこの身体だけを見ていればいい。
きっとこの先にも心を揺らす出来事がたくさん起こるだろう。嫌な出来事を嫌い、起こらないように予防をする事もできる。
しかし、どんなに予防をしても、常に心の隙間を縫って嫌な事は起こるだろう。しっかりと身体に目を向け、姿勢だけはきっちりと整えていこうと思う。
 
それにしても、今回の買い物はよく出来た方だと思う。秘かにお腹を縮めない姿勢が良かったのではないか、と思っている。まぁ、まわりからは運が良かっただけだろう、と思われるだろうが(笑)。

« 【稽古録】2017/09/05 下駄と感謝 | トップページ | 【稽古録】2017/09/07 嘘 »

稽古録」カテゴリの記事

山口潤のツイッター