フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 【稽古録】2017/09/18 ウサギをみても・・・ | トップページ | 【稽古録】2017/09/20 枠を広げていく感覚 »

【稽古録】2017/09/19 まだまだ「ツイて」る

以前「ツイている」という話を書いた。どうやらその「ツキ」は続いているようだ。
大きな買い物でタイミング良く気持ちのいい契約が出来た。ただ、良い事ばかりではない。
心が揺れる残念な事も起きている。急な大きな出費は痛いが、自分の周りにある「流れ」がある、と感じられると嬉しくなってしまう。
 
3連休から帰ってみると、我が家のラティスフェンスが壊れ、倒壊していた。台風が来ていたのだから当然と言えば当然。しかし、もうちょっと「ツイて」いるらしい。
この帰省は普段使っているミニバンの調子が悪く、軽自動車で行く事にしたのだ。
軽は小さく、帰省には初めて。それでも、高速、山奥で車が故障をしても・・・と思い、軽で行く事にした。息子が勉強を理由に今回は行かない、と言った事も理由の一つだ。
 
その軽自動車がいつも停まっていたのが、ラティスフェンスが倒壊した場所だったのだ。そのままミニバンで言っていたなら、車の修理代はどうなっていたのかわからない。よくわからないが、ツイている。
 
そしてもう一つ、道場に行ってみてびっくり。おそらく台風だが、入り口ドアのガラスが割れてしまっていたのだ。
 
想像する事が着実に現実になっていけばうれしい。努力をしている人は皆、それを望んでいるだろう。しかし、想像、イメージは諸刃の剣だ。
想像がちゃんと思い通りになっていればいい。しかし、弱気になってしまった時、つい、頭に悪いイメージが出来てしまう事もある。イメージを現実にする力がある人は、それでつらい経験をしなくてはならない。
 
しかし、そもそも、自分のイメージよりも、まわりの流れの方がはるかに強い力がある、とわかっていれば従う事ができる。従うしかなくなるだろう。
自分の身体で出来る事のイメージには限界がある。しかし、自分のまわりへのイメージには限界がない。何が起きたとしても受け入れる力を持っている。自分の「まわり」、「背景」、ここがもうすこしクリアに実感できれば動きはまた変わるだろうと思う。

« 【稽古録】2017/09/18 ウサギをみても・・・ | トップページ | 【稽古録】2017/09/20 枠を広げていく感覚 »

稽古録」カテゴリの記事

山口潤のツイッター