フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 【稽古録】2017/09/27 ゆるキャラとお腹 | トップページ | 【稽古録】2017/09/29 左右次元への自由 »

【稽古録】2017/09/28 湯呑とお腹

我が家は常滑に近い。走りやすい道があるのでちょっと車を走らせるといける。久しぶりにセラモールというやきもの工房がある所へと行ってきた。好きな人に言わせると、製造元だけに素敵なものがお値打ちにあるらしい。しかし、私は常々、そんな世界をわかりたい、と願っていても、まるで分らないほど鈍感な人間だった。
 
しかし、今日、初めて、自分の「好み」がはっきりとわかったのだ。コップに茶碗を買ってきた。好みにあうものを得るのは嬉しいものだ。
 
どんな好みだったかというとこれがやはりというか、「お腹が縮んでいないもの」だった。コップであったとしても、そこに縦横高さがあれば塊として認識できる。この時、上が頭で下が足であり、真ん中はお腹だ。このバランスが取れている感じがしてきた。
そして、形だけではなく「柄」であってもそれはあるよう。ただし、柄の場合はその柄自体ではなく、自分のお腹に写し出されるような感じだからちょっと違うのかもしれない。
 
自分が納得して、買い物をしたものを使う事で気分はいい。そして、その納得は身体ではなく頭の方の納得。身体が返してくれた反応を頭が理解して、それに従っている。頭でっかちだからこそ、こんなモノ選びが出来た事が嬉しい。

« 【稽古録】2017/09/27 ゆるキャラとお腹 | トップページ | 【稽古録】2017/09/29 左右次元への自由 »

稽古録」カテゴリの記事

山口潤のツイッター